虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

本日休載

ネタがありません。

「ヴァイオリンを弾き始めた日本人 明治初年、演奏と楽器製作の幕開け/梶野絵奈」読了

「ヴァイオリンを弾き始めた日本人 明治初年、演奏と楽器製作の幕開け/梶野絵奈」読了。

ヴァイオリンは、音を出すのが難しい楽器だ。著者はヴァイオリニストで、三歳から習い始めたそうだが、そういう人がそう仰るのだから、矢張り難しいのだろう。例えば、ピアノなら鍵盤を叩きさえすれば、取り敢えず音は出る。だから何も分からない子どもでも、一応音は出せる。しかしヴァイオリンは、習わねば音は出せない。素人がギコギコやったのでは雑音にしかならない。

明治に至るまで、日本人はヴァイオリンを知らなかった。日本古来の音楽と洋楽とでは、響きが全く違うものらしい。西洋音楽は、それを聴かなければ、鑑賞のための耳が出来ないのだそうだ。日本古来の音律、音響にしか馴染みがなかった日本人にとって、西洋音楽は全く理解不能だったそうだ。
初めは、学校唱歌教育の補助楽器として捉えられたヴァイオリン。オルガンやピアノより携行性に優れ、音も良いヴァイオリンは文部省のお眼鏡にかなった。しかし、習得には指導が必要。お雇い外国人が招聘された。
しかし。ヴァイオリンというのは習得が非常に難しいのだ。自分も、学生時代一度だけ触らせてもらったことがあるが、顎で支えるというのが兎に角つらい。早々にギブアップした経験がある。そういうのを、大の大人が習い覚えるのだ。さぞ大変だっただろう。

それでも、どうにか習い覚えてくると、今度は楽器調達の問題が出てくる。ここで登場するのが楽器製作者だが、一般的には鈴木政吉が始めたと捉えられている。息子の鎮一のスズキ・メソードが有名だから。しかし、その説も信憑性に欠けるのだそうだ。かなり”盛って”あるのだそうで。鈴木政吉は、ヴァイオリンの量産化に成功したので、後世”ヴァイオリンは鈴木”というイメージが定着したに過ぎない。
初めてヴァイオリンを製作したのは”老練なる本邦楽器師”。それが誰なのかについては諸説あるが、結局は決め手になる一次資料が見つからないのだそうだ。

また、楽譜は、最初は輸入するしかなかった。教則本も含めて。しかし輸入楽譜は日本人にとって難しいものだった。五線譜を読める人が居なかったのだ。これも外国人に指導を受けるより他になかった。
これも、日本人による楽譜出版を待たねばならなかった。

たかだか150年一寸で、全く馴染みのなかった西洋音楽を東洋人が習得し、今や国際的に活躍しているという状況は奇跡だろう。明治時代は、西洋に追いつけ追い越せと頑張った時代。それがあるからこそ、現代の状況があるのだろう。邦楽を聴く人は、現代ではあまり居ない。そういうのも、どうなのかなと思うが。

「忘れられた日本人/宮本常一」読み返そう。

あーあ、また朝か・・・

また朝だよ。
もう、嫌だよ。
眼が覚めるのだけ早いよ。
今日は歯医者だよ。

「人と動物の日本史/西本豊弘・編」
「夜更かしの社会史 安眠と不眠の日本近現代/近森高明・右田裕規・編」
「図書館ウォーカー2 旅のついでに図書館へ/オラシオ」
以上、読了。感想は頭の調子が悪いので書けない。読んでいる時は楽しいのだが。
「ヴァイオリンを弾き始めた日本人 明治初年、演奏と楽器製作の幕開け/梶野絵奈」読み始める。

悪夢

寝ている時に見た夢の話。
精神科の病院での出来事。
薬を処方される。
代金を請求される。
その額「29,879円になります」。

思わずのけぞる。
「そんなお金、持ってません!」と叫ぶ。
クレジット払いは出来ないのか、と問う。
出来るとも出来ないとも、答えが返ってこない。

ここで、眼が覚める。
・・・夢か。
夢で良かった。
でも、寝ても覚めても、不愉快な思いばかりだな。
窓口で困惑することばかりだ。

国会中継がされない

連日、重要法案が審議され、可決される国会。
それなのに、テレビ中継がなされない。
政府筋が、NHKに圧力でもかけているのだろう。
国民は、新聞等でしか国会の状況を知ることが出来ない。

これはもう、ファシズム国家でしかないのでは。
言論統制が為され、国民は主権を剥奪されているのでは。

投票行動にも影響するではないか。
この国は、もう末期症状だな。

何もかもが嫌だ

昨日、久々にまるは食堂へ行ったけど、気は晴れない。
「イラストで見る世界の食材文化誌百科/ジャン・リュック・トゥラ・ブレイス/土居佳代子」
「石橋湛山の65日/保阪正康」読了したけど、感想が書けない。
日本Blog村に、更新が反映されない。何度ping送信しても反映されない。

何もかもが上手くいかず、もう嫌になっている。

もうドラム嫌だ

発表会に出たくない。
練習しても、出来るようにならない。
あと三ヶ月も、練習し続けねばならない。
ストレスになっている。

バンド組みたい訳じゃないし、上達しなくても構わないと思って始めたドラム。
中学生の頃の夢を叶えられさえすれば良いと思っていた。
だから、二週間に一度叩けさえすれば良かった。

昨日、大雨の中を頑張ってスタジオへ練習に行った。
それでも、間違える箇所は間違える。
もう嫌になった。
一体、何やってるんだろう。

疲れた。

来月の「100分で名著」は「忘れられた日本人」

何と、来月の「100分で名著(NHK Eテレ毎週月曜夜10:25~)」で扱うのは、読み終わったばかりの「忘れられた日本人/宮本常一」だ。
タイムリーだ。狙った訳ではなかったのに。
もう一度読み返しておこう。

「コムギの食文化を知る事典/岡田哲」読了。そう言えば、パンも麺類も殆ど食べないから、小麦製品とあまり縁がないな。せいぜい菓子をつまむ程度か。
「イラストで見る世界の食材文化誌百科/ジャン・リュック・トゥラ・ブレイス/土居佳代子」読み始める。

「忘れられた日本人/宮本常一」読了

1960年刊行の本書。
若き宮本常一が日本中を歩いて古老の話を聴き、著したもの。
歴史的名著。

今では滅んでしまった、日本の農村、漁村の風景。
手つかずの自然、茅葺屋根。
生きるための闘い。
村の習わし。

この頃は、60歳で隠居していた。
現代は、そうはいかない。
長生きしなければならない、させられる。
時代についてゆかねばならない。
それを強制される。

そんなことのない世界が、この本の中には広がっていた。
もう、求めても得られない世界。
刺激はなく、代わり映えはしないが、おだやかな日々。

忘れられてしまった。

「コムギの食文化を知る事典/岡田哲」読み始める。

図書館へ(5/25)

図書館へ。
借りた本。

「忘れられた日本人/宮本常一」
「コムギの食文化を知る事典/岡田哲・編」
「イラストで見る世界の食材文化誌百科/ジャン・リュック・トゥラ・ブレイス/土居佳代子」
「石橋湛山の65日/保阪正康」
「人と動物の日本史1 動物の考古学/西本豊弘・編」
「夜更かしの社会史 安眠と不眠の日本近現代/近森高明・右田裕規・編」
「図書館ウォーカー2 旅のついでに図書館へ/オラシオ」
「ヴァイオリンを弾き始めた日本人 明治初年、演奏と楽器製作の幕開け/梶野絵奈」。

「忘れられた日本人/宮本常一」読み始める。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村