虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

2022年12月

今年もありがとうございました

大掃除の後、録画しておいた「未解決事件・松本清張と帝銀事件」を観る。

この俳優さん、あまり清張先生に似てない。
それに、演技が大仰だ。

帝銀事件の詳細は「小説・帝銀事件」を読んで初めて知った。
戦後直ぐに起こった事件なので、詳細を知らなかったのだ。
読み応えのある作品だった。

「ノンフィクションにしたい!」という清張先生の思いが叶わなかったことが「日本の黒い霧」につながったのか。
思えば、一番最初に松本清張を読んだのは小学生の時で、読んだのが父の蔵書「日本の黒い霧」か「点と線」のどちらかだったような覚えがある。

今日は一日、料理にかからねばならない。
昨夜のうちに戻しておいた干し椎茸の匂いが、部屋中に立ち込めている。
夕方までに仕上げねば。

今年読了したのは、146冊。
目標の200冊に、遠く届かなかった。
来年は、150冊を目標にしよう。
これなら、達成出来そう。

来年も宜しくお願いします。

「鎌倉殿」総集編イッキ見

昨日の午後1時過ぎから放映された「鎌倉殿の13人」総集編。
日頃テレビは殆ど観ないが、昨日は一気に観てしまった(録画かけてたけど)。
人が兎に角どんどん死ぬドラマなので、懐かしい顔が沢山。
善児をまた見られたのが嬉しかった。

一寸ロスになっている。

年末年始、大嫌い

今年の正月は、元日に義実家ファミリー(舅姑・義弟家族・連れ合い)が一泊旅行に行ってくれたので、一人自宅で酒飲みながらゆったり過ごした。おせちの準備もしなかった。

楽だったな~。

今年は、連れ合いが大晦日に義実家を訪れ、料理を届けることになっている。
年始は、帰省しない。
家族旅行も、もう出来ないだろう。
舅が認知症になってしまい、それどころではなくなったからだ。

姑は呑気に「今度は日間賀島へ行きたい」などと言っていたらしいが。
自分が便失禁の心配があって旅行へ同行出来ないので、両親の世話は連れ合い一人にのしかかり、それが負担になったらしい連れ合いは「二度と御免だ!」と憤慨している。
超・早起きの姑に夜中に起こされたりして、相当参ったようだから(まだ皆寝てるのに朝からスマホで音出してラジオ体操、とか)。

義弟家族も、上の甥っ子が大学受験間近なので、多分帰省しないだろう。

そういう訳で、姑にとっては寂しい年末年始となるのだろうが、自分としては毎年帰省が負担だったので、なくなれば楽で良い。
気を使ったり使われたりが、苦手なので。
料理を作って届けるのも、本当はやりたくないのだが、義実家に対して全く何もしないというのも、まあ、良くないのだろう、と考えて。

年末年始という悪しき習慣。
いっそ無くなってほしい。

今日は買い物

年末用の買い出しに行く。
どうにか外出出来るようになった。

とは言え、心配。
年末の混雑は、日常とは桁違い。
感染症に罹りやすい状態は変わらないのだから、マスクでしっかり防御して、帰宅したらうがい、手洗いをきちんと。

「お好み焼きの物語/近代食文化研究会」読了。
普段、お好み焼きは殆ど食べないな、嫌いではないのだが。
たまたま、店が近所になくて、食べる機会がない。
屋台が出ている場所に行くこともないし。

三冊読了

「鬼火の町/松本清張」
「本朝食鑑5/人見必大/島田勇雄」
「砂糖の日本史/江後迪子」
読了。
「お好み焼きの物語/近代食文化研究会」も、もうすぐ読了する。

最近は、頭が働かず、きちんとした感想が書けなくなっている。

ドラムを習いたい

何となくネットサーフィンをしていて、ふと近所のYAMAHA音楽教室のサイトに飛んでみた。
色々な楽器の教室がある。

その中で目を引いたのが、ドラムだった。

やりたかったな、中学生の頃。
やろうと思ってたんだよな。
だから、高校でブラスバンド部に入った時、ドラムを希望してみた。
しかし、結局他の人に決まってしまい、自分はフルートをあてがわれた。

フルートも悪くはないが、やりたかったな、ドラム。

その後、バンドへの興味も薄れてしまい、いつしか忘れてしまった。

・・・やりたいな。
バンド組む訳じゃないけど、もう年だけど、運動神経鈍いけど。
やりたい。

どうせなら、死ぬまでに本当にやりたいことをやりたい。

教室へ問い合わせてみた。
家で練習出来ないこと、年寄りであること、バンドを組む予定はないこと、等の条件を出して窓口の人に訊いてみた。
出来るのかどうか。

「大丈夫ですよ」
窓口の女性は答える。

そりゃ、そうだろうな、生徒集めたいんだから。
金儲けだから。
そう言うだろうな。

でも、ハードルは低そうだった。

やってみたい。

病院通いが一段落したら、体験教室に行ってみようかな。
連れ合いは多分反対するだろうけど、説得して。
どうせそんなに長生きする訳じゃないんだから、やりたいことをやりたい。
そう言って。

よく見る悪夢

学校関係の夢が多い。
大抵、高校か大学で、卒業出来ずに苦しむ夢が多い。
単位が足りなくて卒業出来ないかもしれない、というもの。

実際、高校では留年しかけたし、大学では本当に留年してしまった。
その恐怖が、こびりついているのだろう。
夢は大抵鮮明で、人に簡潔に説明出来るほどよく覚えている。
先日のは、こういうのだった。

「高校。他の生徒は修学旅行に行けるのに、自分だけ教室で化学の勉強をさせられている。単位を取らないと卒業出来ないと脅され、叱られながら勉強している」。

こんなんばっか。
寝るの怖い。

すっかり元通り

ゆっくり自宅療養するはずが、気づけば元通りに家事をやっている。

まあ、無理はしないが。

そろそろ酒も飲みたいが、プレドニンを服用している間は無理だろう。
冷蔵庫にある、開栓した地酒が気になるのだが。

一口でいいから、飲みたいな。
元日ぐらいは、お猪口一杯だけ、駄目かな。

雪はすぐ溶けて

名古屋では10cm積もったそうだが、桑名の雪は午前中に止んで青空が広がり、午後にはすっかり溶けてしまった。
それで、午後から外出。
図書館とリサイクルセンター(資源ごみセンター)と買い物。

図書館で借りた本。
「鬼火の町/松本清張」
「砂糖の日本史/江後迪子」
「本朝食鑑5/人見必大/島田勇雄」
「お好み焼きの物語/近代食文化研究会」
「萩原朔太郎論/中村稔」
「復元 江戸生活図鑑/笹間良彦」
「グラフィックカラー昭和史14 昭和史と天皇」。

買い物は、ケーキとチキンその他諸々。
スーパーはすっかり年末仕様。
年末の用意のことを考えて今から憂鬱。

帰宅して、ケーキを食す。
夕飯はチキンとサラダ。
一応、クリスマスだよ。

とうとう雪が降ってきた

出かけようと思っていたが、車のタイヤがノーマルのままなので、中止。
あちこち用事があったんだが。

雪で、日本中が大混乱。

出かける用事は、明日の11時までに済ませねばならないが、出来るかな。

何で、年末にこうなるんだよ。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村