虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

2023年01月

ストレス溜まってるなあ

どこかに旅行にでも行きたい気分。
毎日、追い立てられるような生活で疲れるから。

二冊読了

「宮中のシェフ、鶴をさばく 江戸時代の朝廷と庖丁道/西村慎太郎」
「萩原朔太郎大全/朔太郎大全実行委員会・編」読了。

「宮中のシェフ~」、鶴のさばき方かと思ったら、四条流庖丁式の家系を辿るだけだった。
「萩原朔太郎大全」、昨年催された「萩原朔太郎大全」のガイドブックみたいな感じ。色々な視点から朔太郎を論じてあって、なかなか面白かった。漫画描いてる人が居るなんて、知らなかったな。

「写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで/鳥飼行博」を読み始める。

ドラム教室の体験レッスン予約した

泌尿器科の通院が終わった。

気をよくして、楽器店にドラム教室体験レッスンの申込みをする。
来月の11日、15:30よりの予約を取り付ける。

一寸楽しみ。

「酒の起源 最古のワイン、ビール、アルコール飲料を探す旅/パトリック・E・マクガヴァン/藤原多伽夫」読了。
どの文化圏にも、発酵飲料は存在するのだ。
果実が自然発酵したものを飲んだ類人猿が、それを酒に作るようになるのに、時間はかからなかった。
嗜好品は、文化だな。

コロナワクチン5回目接種

5回目の接種に行ってきた。
人気の病院のせいか、人が多くてえらく待たされた。
駐車場で待っていた連れ合いが怒っていた。

今回も副反応は出ない。

もういい加減ワクチン打つの疲れたな。

「松本清張傑作総集2」読了。
久々に、松本清張の世界に浸った。

行ってきたまるは食堂

行けた。
活造り定食に舌鼓。
久々に、日本酒熱燗で1合。

帰宅後は、もう何も食べず。
それでも平気。

「松本清張傑作総集2」を読む。
今日には読了する。

今日は行けるかなまるは食堂

まるは食堂へ行く予定にしている。
本当は、先週だったのだが、連れ合いのスマホが壊れたので延期になっていた。

大丈夫かな。
また突発的な事故でも起こって、中止になったりしないかな。
雪はもう大丈夫だろうけど。

連れ合いの言うことは、しばしば当てにならないからな。

図書館へ

借りた本。
「松本清張傑作総集2」
「宮中のシェフ、鶴をさばく 江戸時代の朝廷と庖丁道/西村慎太郎」
「酒の起源 最古のワイン、ビール、アルコール飲料を探す旅/パトリック・E・マクガバン/藤原多伽夫」
「萩原朔太郎大全/萩原朔太郎大全実行委員会・編」
「写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで/鳥飼行博」
「”写真週報”に見る戦時下の日本/太平洋戦争研究会」

読み応えのありそうなものばかり。
三週間借りられるから、じっくり楽しめる。

四冊読了

「歴史と戦争/半藤一利」
「激動の昭和を見る2 戦中戦後編 長かった戦争、そして復興へ 1940(昭和15)年~1955(昭和30)年」
「激動の昭和を見る3 高度経済成長編 もはや戦後ではない 1955(昭和30)年~1970(昭和45)年」
「激動の昭和を見る4 繁栄編 モーレツからビューティフルへ 1970(昭和45)年~1989(昭和64)年」
以上、読了。
あっという間に読んだ。

つくづく・・・昭和というのは、凄い時代だな。
戦争があって、経済成長があって、バブルがあって。
自分が生まれる前のこと、生まれてから見てきたこと、こうやって改めて本になったのを読んでみると、人間が歴史の中に生きて、如何に小さな存在に過ぎないかを思い知らされる。
それでも、日々を生きるのだ。
今日のこの日も、いずれ歴史になる。
名を残すことはなくても、ちっぽけでも、今生きているのは確実だ。

それにしても、本の感想を書くのは難しいな。

プレドニンが減った

10mgが7.5mgに。

しかし、待たされた。
血液検査とCTの結果が出てからの診察だから、すごく待たされた。
8時半に行ったのに、終わったら12時過ぎ。

来月は5mgになるといいな。

病院かあ

入院していた病院へ行く予定。
CT撮影と血液検査。
血液検査は、血糖値が上がっているような気がして怖い。

腹具合も心配だし。
トイレ行きたくなったらどうしよう。

プレドニンは、多分減らしてもらえないだろうな。
もういい加減、酒飲みたいんだけどな。
ドラムも習いに行きたいんだけどな。

不自由な生活に、ストレスを感じている。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村