虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

2023年08月

やっぱり難しい8分音符ハイハットと16分音符バスドラ

ドラム教室だった。
8分音符ハイハットと16分音符バスドラは、やはり難しい。
先生の前だと緊張するので、余計に出来なくなる。
これが出来るようにならないと、次の課題へ移れないので、ということで練習してくるように言われる。

はいはい、練習ならいくらでもしますよ。

亡くなってたのか

40年来の知人が、昨年11月に他界していたことが、偶然分かった。
もうずっと連絡を取っていなかった。
喧嘩別れみたいになったから。

だから、あっそうふーん、ってな感じ。
特別な感慨など、何もない。

自分が死んだ時も、あっそうふーん、で済ませてほしいものだ。

「日本文學全集 幸田文集」読了

「日本文學全集 幸田文集」読了。
・終焉
・勲章
・髪
・黒い裾
・雛
・流れる
・おとうと
解説は、高橋義孝。

「流れる」は、確か成瀬巳喜男の映画があって、観たことがあるような気がする。
花柳界の女を描かせると、成瀬巳喜男は上手い。
ここに収録されているのは、実体験に基づくものが多い。
弟の生と死を描いた「おとうと」は、涙なくして読めない。自分にも妹が居るから。
年下のきょうだいは、かわいい。

「日本文學全集」次は、堀辰雄。

栄養不良かな

このところ、血中酸素濃度の数値が低い。
80%を切ることもある。
最早、入院レベル。
しかし、診察室では90%以上出るので、問題なしとされる。これが不可解。

薬は処方されたものを指示通りに服用している。
ステロイドは、大幅に減って、現在は0.5mg/日。
もう、殆ど飲んでいないのと変わらない。

減らし過ぎじゃないのかな。
減らし過ぎると、症状が悪化することがあるそうだ。

食事をきちんと摂っていないのが、いけないのかな。
便失禁が気になるので、食べる量が少ない。
まともに食べるのは朝食のみ(ご飯一膳、具だくさん味噌汁、蛋白質系おかず、野菜お浸し、もずく)。
昼はせんべい1枚、夜は日本酒少々とつまみ(きゅうりだの冷奴だの)程度。
腹が減らないのだ。

体重は、半年で6kg減った。
一時期、太りすぎていたので、減量自体は良いのだが、健康的に痩せているとは言えない。

今以上に食えと言われても、なあ・・・。

「日本文學全集 丹羽文雄集」読了

「日本文學全集 丹羽文雄集」読了。
・鮎
・贅肉
・厭がらせの年齡
・遮斷機
・日日の背信
解説は、亀井勝一郎。

特に印象に残ったのは「厭がらせの年齡」。
その家の老婆は86歳。戦後のもののない時代、配給も乏しいのに食うだけは食う。どの家も面倒を見るのを嫌がって押し付け合い。どうしてずっと厭がらせみたいに長生きしているんだろう。
昭和22年の作品。
既に高齢化の問題が。
長寿、必ずしもめでたいことではなく。
何だか、身につまされる。

「日本文學全集」、次は幸田文。

16分音符のオープンハイハットとバスドラ

オープンハイハットとバスドラを同時に、というのが16分音符だと出来ない。
タイミングが合わない。
合っているのかどうか分からない。

これが壁だな。

「日本文學全集 芥川龍之介集」読了

「日本文學全集 芥川龍之介集」読了。
あまりにも数が多いので、収録作品を列記出来ない。
主だったものは全て入っている。
解説は、中村真一郎。

短編ばかりだったので、読みやすいかと思ったが、存外苦労した。

この巻は、小学生の頃読んだことがある。
目次に、丸印が付いている。
小学生の頃読んだものだろう。
全部は読んでいない。
丸印の付いたものだけ読んだのだと思われる。
印を付けたのは、自分だったが父親だったか、その記憶が判然としない。
確か、夏休みの自由研究に「感想文集」を作ったのだった。

小学生だったので、大したことは書いていないだろう。
今読むと、結構難解なのだ。
それを、小学生が理解出来たとは思えない。
何たって、自分だもの。大したことない。

小学生の頃は、背伸びをして大人の本を読んでいた。
中学生になったら、音楽に関心が行ったので、殆ど読書をしなくなった。
高校生になって、音楽に興味を失くし、再び読書へ回帰。
図書室で、色々借りて読んだ。哲学書が多かった。

今、思い返してみて、あまり身になっているとは思えないが、読まないよりはマシだったかも知れない。頭が悪いので、読解力がなく、読んだら読みっぱなしだが、読んでいる最中は楽しいので読書はやめられない。

「日本文學全集」、次は丹羽文雄。

観てなかったんだけど

試合は観てなかったんだけど。
何となく、仙台育英に勝たせてやりたかったような気がする。
何だろう、この釈然としない感じ。
どっちの卒業生でもないのに。
       ↓

中国には”撮り鉄”は居ないそうだ

連れ合いが、知人の中国人に聞いた話によると、中国には、所謂”撮り鉄”なるものは存在しないのだそうな。
マナーの悪い撮り鉄は、日本人だけなのか。
         ↓

スマホ機種変更

使っているスマホが、もう4年になり、草臥れてきたので機種変更をすることに。
auのショップへ。
何だかんだで二時間ほどかかり、心底草臥れる。

帰宅し、充電しようと思って電源を落とそうとすると、いきなり「声で指示せよ」とな。
もう、面倒くさい。

昔から、携帯電話は嫌いなのだ。
連れ合いとの連絡用に、持っていないと困るから持っているだけで、普段は殆ど使わない。
新しくしたので、これからまたいろいろととまどうことだろう。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村