とても面白く読んだ。
明治維新と言っても、いきなり全てがスムーズに変わった訳ではなく、かなりの抵抗勢力が居たことがよく分かった。
一番割りを食ったのは下級武士だろう。
突然、禄がなくなったのだから。
今で言うリストラと殆ど変わらない。

江戸末期の人たちが、初めて欧米文化に触れて驚愕する様子も、よく分かった。
攘夷論を唱えていた人たちも、実際に欧米文化にふれると、これは素晴らしいということになる。
この人達が居なかったら、現代の自分達の生活はない。

日本人も欧米文化に驚愕したが、来日した各国の使者も日本文化に触れて驚愕している様子。
「これは、ただの”野蛮な国”ではない」と思ったらしい。

そういうのが満載の、本書である。