人それぞれ、事情があるかも知れないではないか。
その人にとっては「不要不急ではない」かも知れないではないか。
物見遊山で外出している訳ではないかも知れないではないか。
仕事だったり、肉親の介護だったり、受験だったり、色々あるではないか。
こんなにコロナが大変なことになっているのだから、遊びに出る人(遊びも精神衛生上必要なのかもしれない)ばかりではないと思う。
だから、テレビ画面に映る人たちに対して、怒りの感情を抱くのをやめよう。
個人個人に訊ねてみなければ分からないのだ。
こんな状況下でも、仕事を休めない人は大勢居るのだ。
スーパーだって、営業していてくれなければ困るだろう。
病院は言うに及ばず。
他にも、所謂エッセンシャルワーカーと呼ばれる人たちが居る。

テレワークなんてとても出来ない、という人達だって大勢居る。

家に居られる人は、家に居ればよい。
いい加減、疲れてはいるけれど。
それが必要なのであれば、そうすべきだろう。
でも、どうしても外へ出ねばならない人は、大勢居るのだ。
そういう人たちを、責め立てるのは、もう止めようよ。