虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

ピアノ

ピアノは楽しい

「鎌倉殿の13人」ピアノ譜を、さぐり弾きしている。

右手は、ゆっくりなら弾けるようになった。

左手の方が、リズムを刻むのでカッコ良かったりする。

とりあえずは、片手ずつの練習になる。

どうすれば、右左バラバラの動きが同時に出来るようになれるのだろう?
これでも小学生の頃はエレクトーンを習っていたのに、出来ない。
エレクトーンなんて、足まであるのに。
一応、出来ていたのに。
今は出来ない。

でも、ギターだって両手の動きはそれぞれバラバラだ。
それは出来ていた。

・・・まあ、良い。
音遊びは、楽しい。
期限を切られてそれまで出来るようにせねばならない習い事と違って、一人で勝手に出来るというのは気楽でよろしい。
生活に、少しだが、張りが出てきた。

音を取ってみた

「鎌倉殿の13人」ピアノ譜の音を、早速取ってみる。
うん、弾けなくはなさそうだ。
ゆっくり、ゆっくり、片手ずつ。

ピアノは、音の重なり方が面白い。
西洋音楽は、まあ、そうなのだが。

弾けるようになりたい。

これから毎日練習してみよう。
身体を動かすことも、必要だし。

読書もしたいし、忙しくなってきたぞ。

どこが”初級”なのっ!?

「鎌倉殿の13人」ピアノ譜が届いた。
早速、見てみる。

初級と上級がある。
当然、初級・・・と思って見たが・・・、

   これの何処が初級なのよっ

である。

大人になって少しだけ習いに通い、バイエルだけはどうにか終えた、というレベル。
そんなので、これを弾くだなんて?

でも、いいか。
ボケ防止になるし、読書しかない日々に少し潤いがもたらされる。
外出も出来ない訳だし、誰にも聴かせることのないピアノにじっくり向かってみるのも良いかも。

そうなのだ。
発表会だの何だの、ではないのだ。
自分が満足出来れば良いのだ。
だったら、気楽に出来るだろう。

久々にピアノの鍵盤のホコリも払ったし。
ちょっと、頑張ってみようかな。
楽しみ。♫

ピアノ譜

あまり弾けないが、ピアノ譜を買った。
「鎌倉殿の13人」。

初級は多分弾けるだろうが、上級は無理だろう。
でも、ゆっくり少しずつ練習したら、少しはものになるかな。
どうせ、誰に聴かせる訳でもないし。

大阪桐蔭吹奏楽部の演奏は、Youtubeで聴いた。
流石に上手いなあ。
指揮の先生の振り方が、カッコいいな。

読書ばかりでも、つらいしな。
たまにはピアノも良かろう。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村