虚妄の烏

日本酒と近現代史と食生活史と近代日本文学が好きな60代。男か女か分からないと人には言われるが、どっちでも好きなように捉えて呉れれば良いと思っている。

上方日本酒ワールド2024

上方日本酒ワールド2024@湊川リバープレイスへ行ってきた。

生憎の雨。
入口でチケットと引き換えにグラスとリストバンドを受け取る。
紙皿を100円で買う。雨だからあまり役に立たなかった。
人、いっぱい。
各ブースには、呼び込みの人。
どのブースも、それほど行列は出来ていない。


上方日本酒ワールド13
受付でもらったお猪口。これで酒を飲む。

兎に角、飲もう、食べよう。
酒と食べ物は、各ブースで買う形式。
飲んだ酒と食べたものは、以下の通り。酒の銘柄・料理・提供店

・颯・純米吟醸神の穂(三重・後藤酒造) 灰干し干物串揚げ(日本酒 おでん 陽)
・菊姫・純米金劍(石川・菊姫合資会社) 桜マスと筍の蕗の臺味噌仕立て(和 藤もと)
・游穂・生酛純米玉栄火入れ限定蔵出2019BY(石川・御祖酒造) 鶏と高野豆腐の黒酢ソースの竜田揚げ(日本酒と和食膳ソラマメ食堂)
・七本鎗・純米吟醸吟吹雪(滋賀・富田酒造) 肉焼売梅みぞれ餡掛け(おでん まる米)
・梅津の生酛・上方にごり(鳥取・梅津酒造) 海老と桜の葉の笊ホワイトソースの春巻き(和食とお酒 蒼)
・締め 能勢の手作りお揚げのおうどん(酒菜とうどん 饂燗)

写真は、雨が降っていたので遠くからブースだけ。

上方日本酒ワールド10
入口。

上方日本酒ワールド1
七本槍。

上方日本酒ワールド4
締めのうどんだけ食べた。

上方日本酒ワールド12
颯。

上方日本酒ワールド9
梅津の生酛。

上方日本酒ワールド8
ゴミはここへ。

絶食しなくても飲食イベントに参加出来て、トイレの心配もなかった。
こうして書き出してみると、結構飲み食いしてるな。
飲食だけで5,000円ぐらい使ってしまった。
帰りに、御座候の回転焼きを土産に買った。
桑名から大阪難波までは、近鉄特急で二時間。
ちょうど良い距離感だった。

来年もまた行きたいな。

「上方日本酒ワールド2024」チケット届いた

「上方日本酒ワールド2024」チケットが届いた。
4月20日、21日、どちらへ行こうかな。
近鉄特急一本で行けるので便利。
だから、両方行ってもいいな。
あ、でも、失禁の心配があるから無理か。
何せ、飲み食いにいくわけだから。しかも酒だから。
あまり飲めないし、食べられないな。

来週、定期通院なので今日から絶食。
出かけるのも食べるのもストレス。

上方日本酒ワールド2024行きたい

4月20日、21日に大阪の湊町リバーサイドプレイスで開催される「上方日本酒ワールド2024」。
行きたい。
絶食してでも行きたい。
飲めないけど、行きたい。

前売り入場券を買った。

こういうイベントへ行くのは初めてなので、楽しみ。
行けるうちに行ける所へ行っておかないと。
あと数年のことだと思うから。

能登半島地震復興支援のために酒を買う

と、言っても、四合瓶たった一本なので全然大したことなくて恥ずかしいのだが。

岩手県に世嬉の一酒造という酒蔵さんがある。
そこが、能登半島地震復興支援のための募金活動をしておられる。
そこの商品の売上を募金されるのだそうだ。

一口乗ってみた。
買った酒。

世嬉の一酒造の特別純米原酒
特別純米酒手作り原酒世嬉の一。

もっと買えば良かったのかも知れないが、飲みきれないほど買ってもなあ・・・。

手紙とパンフレットが入っており、東日本大震災で被災された経験から、今回の支援活動に至ったのだそうだ。ウクライナ支援もしておられる。志のある方々なんだな。
いつか、訪ねてみたい。

ノンアル

発泡酒を飲んでいたが、その半分をノンアルに切り替えることにした。
飲酒量を減らそうと思って。

年を取って、あまり飲めなくなった。
好きな日本酒も、たまにしか飲まない。
近頃は、飲み屋ともご無沙汰だ。
飲みに行くと二合飲んでしまうので、飲み過ぎになるのだ。

酒を飲まないでいると、血液検査の数値が良くなるので、医者に叱られることがない。
いちいち医者に小言を食らうのは鬱陶しい。

酒税がかからない分だけノンアルの方が値段が安いので、家計にもやさしい。
身体にもやさしい。
酒は、旨いものを少しだけ。
そんな飲み方で行こう。

新潟の日本酒

自分用に買った酒。

越後鶴亀
越後鶴亀 純米(越後鶴亀)。

夜、店で飲んだ酒。

新潟の店で飲んだ酒
麒麟山 普通酒(麒麟山酒造)。淡麗辛口。

アテ。

人参と切り干し大根の和え物
人参と切り干し大根の和え物。

ぽんしゅ館の角打ちに行きたかったが、閉店時間になってしまっていた。
仕方なく、別の店で。
でも、店主が感じの良い人で、オーダーの仕方を親切に教えてくれた。
酒も、好みを伝えたら選んでくれた。

外で飲むと、人と触れ合えるのがいいね。

姫路で買った酒

先日姫路で買った酒を飲んでみる。

・龍力 純米酒 姫路きくこうぼのお酒(兵庫)
 色が濃い。何か少し酸っぱい。腐ってるか?想像してたのと違う。
・八重垣 本醸造(兵庫)
 可もなく不可もなし。普通の味。

新潟へ行ったらまた地酒買って来よう。

美味しい地酒が飲みたいな

今日は、姫路へ行く。
日帰りでも良かったのだが、一泊する。
一寸、家から離れたい。

気の利いた居酒屋で美味しい地酒が飲みたいところだが、今日は我慢する。
お腹を壊すといけないので。

今日は、姫路城へ行こうかな。

「加賀鳶」旨い!

「加賀鳶 山廃純米吟醸(石川)」。
飲んでみた。
旨い!
甘すぎず、辛すぎず、ほんのり香り高く、するする飲めてしまう。

感動したので、福光屋さんのサイトを探して、オンラインで720ml瓶を注文してしまった。

これからも、旅をしたら必ず現地の酒を味わってみて、色々試そう。
どんな出会いがあるか分からないから。

「和漢三才図会4/寺島良安/島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳」読了。
巻十五~巻二十二。
天体観測から刑罰まで幅広く。
こんなに沢山の項目を一人で書いたのは、単純に凄いと思う。

蔵書を徳島県のNPO法人に発送。
引き取ってもらえて助かった。

「日本酒は世界一である/稲垣真美」読了

「日本酒は世界一である/稲垣真美」読了。
至極、同感!

日本酒は奥深い。
麹菌と水と米とが織り成すハーモニー。
発酵の不思議。
その芳醇な味わい、肴との相性の良さ。
日本料理だけでなく、世界中の料理とも合う懐の深さ。

近頃の日本酒は、攻めている。
若い蔵元、杜氏が頑張っている。
日本酒を、世界へ!

この本が書かれたのは10年前で、書いている人も年寄りなので、どちらかと言うと自分に合う意見なのだろうな。若い人の感性には、時々ついていけない感を抱いてしまうから。

先日金沢で買った酒を、そろそろ飲もうかな。
ギャラリー
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山・戦利品
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • 岡山の旅
  • CDを聴く!
  • CDを聴く!
にほんブログ村